アフターピルの処方に関する注意

緊急避妊薬のアフターピル年齢関係なく服用できる薬ですが処方には注意点があります。
まず35歳以上で喫煙をしている方の場合アフターピルは使わないほうが安心です。この年齢以上で喫煙をしている方の場合避妊効果よりもリスクの方が上回っているため服用が禁忌にされています。
また肥満の方もアフターピルの処方ができません。元々アフターピルは血栓症になるリスクがありますが、肥満の場合そのリスクが高くなるからです。
また他にもこれから手術をする方や元々頭痛を持っている方も処方には向いていません。
こちらもリスクのほうが効果よりも上回っているからです。
他に血管の病気になった事のある方も血栓症になるリスクが高いので注意が必要になります。
血圧の高い方も副作用の可能性があるので避けたほうがいいでしょう。
実際にアフターピルを処方してもらう場合には禁忌症に当てはまっていないかを診断してくれますので安心です。
医師ではなくネットで購入する場合もネット上の問診を受けますのでこれをクリアした場合にのみ服用するようにしましょう。
自分の場合は大丈夫だと油断してはいけません。
またアフターピルを処方してもらい、服用した後の注意ですが決して一時間以内に吐いてはいけません。
人によっては副作用で吐き気がしてしまうことがありますが吐くと効果が無くなるからです。
もしも吐いてしまった場合はまた飲み直さなければ行けませんのでお金がかかります。
酷い場合は一緒に吐き止めをもらうのがいいでしょう。
アフターピルは望まない妊娠をしないためには必要なものですが、自分の体の方を第一に優先しなければいけません。
避妊できるなら健康を害しても構わないということはありません。