アフターピルの処方は保険適用されないのが一般的

性交のときに避妊をしていたつもりだったのですが、なぜかコンドームが中ではずれてしまったとか、そもそもその場の雰囲気にながされて避妊ができなかった場合があります。
あまりあってはならないことなのですが、このような場合に妊娠をしないようにする方法としてアフターピルがあります。

アフターピルは、避妊に失敗したときに服用する女性ホルモン剤です。
飲むことで排卵を遅らせたり子宮内膜への着床を防ぐことで妊娠を回避します。

一般的なピルは定期的に飲むことで、排卵を抑制します。
これはピルのなかでも低容量ピルと呼ばれているものです。
これに対してアフターピルは作用が強い中容量ピルで、ホルモンバランスを急激に変化させることでその効果を得ようとするものです。

アフターピルの場合は通常のピルとは違い、副作用も大きくなります。
そのなかでも大きいのが吐き気です。
ほんとうに嘔吐してしまうと薬の効果も得られなくなります。
こうしたなかアフターピルとして処方されるものとしてノルレボ錠があります。
これは性行為があったときから72時間以内に1回服用するもので、副作用が従来のものとくらべて重くなく、また避妊率も高いという特徴があります。
別の言い方をすれば、妊娠回避の効果は100%であるとはいえないということです。

またアフターピルの処方は保険適用されないのが一般的です。
保険適用外なので病院へいくときも保険証は必要ではありません。
また未成年でも処方可能な薬です。
保険適用されないということは各家庭に届く健康保険の明細書などに記載されることもありません。
アフターピルを処方するとき、親にばれることを心配している人がいますが、その点は大丈夫です。
ただ親にばれて困ることはしないことが一番です。