アフターピル服用時間と副作用のむくみ解消法

アフターピルとは所謂緊急避妊薬のことで、コンドームなどの避妊を失敗したとき、妊娠を避けたいときに服用する薬です。日本で処方されているアフターピルは性行為から72時間以内に服用を開始して、合計で2錠のピルを時間差で飲んでいきます。飲む時間に関しては性行為後、早ければ早いほど避妊効果は高まっていきます。そして、1錠目を飲んでちょうど12時間後に2錠目のピルを服用します。飲む時間が遅れればその分避妊率が下がりますし、2錠目の飲み忘れがあった時点でさらにその確率は下がってしまうので注意が必要です。
日本で購入するアフターピルは飲む時間を早くすること、そして用法通り決められた時間内に2錠目を服用することが大切になるわけです。
アフターピルには他のピル製品に比べて多量のホルモン成分が含まれています。これによって脳下垂体にダイレクトに作用して卵子の受精や着床を防ぐことになるので、ある程度まとまった量の女性ホルモンを摂取していく必要があるのです。このピルに含まれるホルモン成分の影響で体にはいろいろな副作用が出てきます。その代表例がホルモンバランスの乱れ、細胞の保水作用が過剰に働くことによって起こるむくみです。実際に、むくみの症状があまりにもひどく、見た目にも影響が出てしまったという人も中にはいるのではないでしょうか。むくみ解消には適度な食事管理、マッサージが有効です。さらにアフターピルの服用が終われば自然と症状が治まり、むくみ解消にも繋がっていきます。
もちろん、個人差があるので一概に言えない部分もあるのですが、アフターピルは低用量ピルのように継続的に服用を続ける必要はないので、むくみ解消のための対策も一時的なもので十分というわけです。