月経血コントロールが出来るピルとアフターピルとの違い

通常、比較的長い期間をかけて服用を続けていく低用量ピル、中用量ピルは生理痛の緩和や月経血コントロールが可能です。期間別に黄体ホルモンと卵胞ホルモンとをうまくバランスをとって服用していくことができるので、より自然な形で排卵を止めて、子宮内膜組織が増殖するのを防いでいきます。つまり、生理時に体外に排出されるはずの組織自体の量を減らしていくことが出来るので、月経血の量を減らし痛みを軽減していくことができるのです。
アフターピルの場合、月経血コントロールというよりも避妊効果により重点をいているので、前者のような生理痛の緩和や月経血コントロールのための活用には不向きです。アフターピルはより多量の女性ホルモンを一度に摂取して、それによって卵子の受精を防いだり、子宮内の状態を妊娠に適さない状態にしていくことが出来ます。避妊に失敗してしまった場合、妊娠を望まない場合には、性行為から72時間以内に服用を開始していくことになります。低用量ピル、中用量ピルのように毎日同じ時間に飲んでいくという手間も、飲み忘れのリスクも減らしていくことができるので、より手軽な避妊方法となるのです。
ただ、このアフターピルには避妊率が100%、完璧ではないという難点もあります。アフターピルは服用が早ければ早いほど避妊率は高くなるといわれていますが、その分、服用が遅れれば妊娠の確率も上がってしまうのです。
アフターピル服用後、1週間程度で生理が始まれば無事避妊が成功したことになりますが、その生理開始の期間は人によって変わってきます。心配な人は個別で妊娠検査薬でチェックしていくことをお勧めします。妊娠検査薬は早いものだと生理予定日のその日からチェックが可能、さらには薬局や通販で簡単に購入することができます。アフターピル服用の際はその確認のためにセットで妊娠検査薬の購入がポイントとなるのです。